ペットの体調、健康の管理は飼い主が責任を持って

毎日とんでもない暑さで寝苦しい夜が続いています。
ペットの猫も、床に寝そべってぐでーっとのびちゃってます。
この暑さ、人間も大変だけど、猫や犬などのペットも大変ですよねぇー。

そういえば最近、暗くなってからワンちゃんの散歩をしている人をよく見かけます。
日中だと日差しが強すぎるし、アスファルトもものすごい温度になっているでしょうから、飼い主さんにとってもワンちゃんにとっても暗くなってからの方がいいですよね。

この前テレビで見たんですが、真夏のアスファルトの温度は50度近くに達することもあるそうです。
そのことを知らない飼い主さんが、真夏の日中にワンちゃんを散歩に連れて行った結果、肉球をやけどしてしまったんだとか・・・。
かわいそうなワンちゃん。
飼い主さん、知らなかったとはいえ、ワンちゃんにとっては命にかかわるかもしれない大問題です。
犬は寒さに強い反面暑さに弱いので、熱中症対策は十分した方がいいですね。

私も他人事ではありません。
うちは犬ではなく猫ですが、日中私は仕事で家にいないので、猫ちゃんがお留守番しています。
日中、室内の温度は大変なことになっていることでしょう。
クーラーをつけることも考えましたが、電気代がばかにならないので・・・。
たっぷりのお水と、冷たいペットシーツを常備してます。
それでも、心配は心配です。
いつも仕事から家に帰ってくると、何よりも先に猫の具合を確かめます。
今のところ、元気でいてくれていますが・・・。
夏本番になったら、タイマーでクーラーの設定をした方がいいかもしれません。

健康管理をしてね!

大人気トイプードル
ペットに向いた犬種の中でも圧倒的な人気を誇るトイプードルは飼い主を探しています
www.poos-house.com/

当たり前のことではありますが、ペットの健康管理は飼い主の使命です。
不注意でペットの体調を悪くさせることのないように、十分注意していきたいと思います。